読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞に載ってます5

今日は土曜日掲載の原稿の締切日
いろいろな言葉が頭に浮かんで、目が覚めた。



ということで、山陽新聞 夕刊 一日一題 3月9日版

「お父さん、大好きだよ」


 「お父さんへ。いつもありがとう。がんばっているお父さんのすがたがかっこよくって、かっこよくってたまらないほどです。お父さん、大すきだよ。」
これは「あい・あい」が実施した備中・おやじの子育て力向上推進事業の一つ「こども参観日」で、お父さんの職場を見学し、お父さんたちから仕事の話を聞いたこどもの手紙です。
 もう一つの「父子で協力、ものづくり講座」に参加したこどもたちが、目をとても輝かせた場面は二つ。「お父さんの発表会」で真剣にこま回しなどの技に挑戦している時と、父子で手作りしたアクセサリーを、お父さんが照れながら「大好きだよ。」と言ってお母さんに渡した時でした。
 「イクメン」という言葉が世の中にあふれているけれど、まだまだ、何をどうすればいいのか分からないというお父さん。それを見ているお母さんは「こどもと遊ぶというと、肩に力が入って、何かイベントをしないといけないと思っているようでした。」と。
この事業では、手作りおもちゃで遊ぶこと、一緒に料理やアクセサリーを作ること、お父さんの職場を見学することなどを通して、お父さんの育児のヒントを提供しようと考えていました。
でも、こどもたちは、「やればできる」と難しいこま回しの技に挑戦するお父さんを必死に応援し、「仕事をしているお父さんを精いっぱい応援しています。」と手紙を書き、お父さんからお母さんへの愛の告白に満面の笑みで拍手を送るのです。
最後にこの事業に参加されたお父さんの感想です。「今回の参加で、気持ちに変化があった。まだまだこれから。子育ても、妻との長い生活も。何年、何十年先に、この効果がきっと表れると思う。」